虫歯・歯周病から歯を守る「予防歯科」|岐阜市の長良きとう歯科 |PMTC・3DS

休診日:水・日・祝祭日

  • メール相談
  • オンライン予約
キービジュアル

予防こそ最高の治療

悪くなってから治療をすると、治療に時間がかかり、費用もかさみます。
しかし、「早期発見→早期治療→治療後のメンテナンスの継続」で、
生涯、歯の悩みから開放される可能性が高まります。

当院の予防処置の「考え方」そして「体制」

予防処置における当院の考え方、そして具体的に体制をご紹介します。

体制1予防に対しての私たちの想い

予防に対しての私たちの想い

治療を終え、お口の中が健康になり、「治療」ではなく、お口の健康維持のための「メンテナンス」に通っていただく。そして、世間話をしながら笑顔で帰っていただく。
これが私たちの目指す歯科医院です。

そのためには、治療と共に、お口が悪くなった原因を取り除き、その原因が再発しないようにしなければなりません。再発させないためには「健康な状態を絶対に維持し続ける」という歯科医院側の想いのこもったサポート、そして何よりも患者様ご自身がお口の健康に関して意識していただくことが重要です。当然のことですが、歯科医院でのケアよりもご自宅でのケアの方が、多くの時間を占めますので。

これまで長年、歯科医療に携わってきましたが、お口の健康を長く維持されている患者様というのは、歯に対する意識、つまり、歯は生活をする上で非常に重要であると強く認識している方です。歯に対する意識が高ければ、自ずとご自宅でのケアをしっかり行っています。そして皆様、「歯科医院は健康なお口の状態をチェックする場所。普段のブラッシングでは落とせない汚れを定期的に落としに行く場所」と考えていらっしゃいます。

院長

歯科医院とは、「歯を治す」ところですが、一旦治療が終了したら、「歯を守る場所」になるという考え方が大切です。そのように理解し行動して頂けたら患者様のお口の健康は安泰です。

私たちは「歯科医院は歯を守る場所」とご理解いただける患者様と共に歩みたいと思っています。そしてそのような患者様には「お口の健康を必ず維持させる」「残っている健康な歯を絶対に失わせない」という強い想いで末永くお付き合いさせていただきます。

お口の健康を通して、皆様が毎日笑顔で生活できるお手伝いをすること。
これが私達歯科医療従事者の「使命」であり「やりがい」です。

体制2科学的根拠に基づいたシステム

今や歯科医療も進歩し、「歯周病・虫歯にならないためにはどうすればいいのか」、「歯周病・虫歯になってしまった場合どのような処置をすれば改善するのか」などが科学的に実証されており、その通り行えば、歯周病・虫歯にもなりませんし、また歯周病・虫歯も改善します

基本治療の他、当院が取り組んでいるシステムをご紹介いたします。

「細菌レベルでの検査-位相差顕微鏡」

位相差顕微鏡

虫歯・歯周病は感染症ですので、いくら治療をしても直接の原因となっている「細菌」へのアプローチがなければすぐに再発してしまいます。

そのため当院では「細菌レベル」での検査をし、まずは原因菌の特定、そしてその菌への効果的なアプローチ方法を探っていきます。

細菌レベルで検査を行うために、当院では「位相差顕微鏡」というものを利用しています。

これは特殊な顕微鏡で細菌の活動性や種類をチェックする専門機器です。患者様に「菌の存在」を理解していただくほか、どのような治療法が効果的なのかの判断材料にします。

特定した細菌へのアプローチ

殺菌水(EO水)

細菌検査で特定した原因菌に効果的な処置を行います。
当院では殺菌水(EO水)や3DSにより原因菌の数を限りなくゼロに近づけます。下の画像は治療前と治療後の細菌数となります。問題となっている細菌が明らかに減っているのが分かると思います。

  • 治療前治療前
  • 治療後治療後

ここでは3DSはどのようなものなのかをお伝えします。

3DS

3DSとは「dental drug delivery system」の略で、抗菌剤により虫歯菌や歯周病菌を除菌し、虫歯や歯周病の予防を行う方法です。
専用のマウスピース(ドラッグリテーナー)に薬剤を注入し装着することで除菌するだけですので、患者様への負担もかかりません。

体制3熟練の歯科衛生士と歯科医師のチーム医療

予防処置は、メンテナンスのプロフェッショナルである歯科衛生士が歯科医師と密接に連携して行います。

歯科衛生士とは、単なる歯科医師のアシスタントではなく、文部科学省や厚生労働省から指定された専門学校を卒業し、国家資格を持つ専門職です。つまり、歯周病や虫歯から歯を守るための治療を行うことができるスペシャリストです。

熟練の歯科衛生士と歯科医師のチーム医療

他院では、患者様のメンテナンスを歯科衛生士任せにしているところもありますが、当院では幅広い知識と経験を持った歯科医師と、多くの臨床経験がある熟練の歯科衛生士が密接に連携することで、さらなる治療効果を実現しています。

体制4磨き残しをなくす適切なブラッシング指導

歯ブラシを比較する論文では歯ブラシの種類で清掃効果はほとんど変わらないと結論づけています。つまり磨けるか磨けないかは患者様の歯磨きのテクニックにかかっています。
そのため、当院では虫歯・歯周病を予防するための適切なブラッシング方法を皆様にお伝えしております。例えば「バス法」「フォーンズ法」「縦磨き」、フロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具の使い方などです。

  • 磨き残しをなくす適切なブラッシング指
  • 磨き残しをなくす適切なブラッシング指
  • 磨き残しをなくす適切なブラッシング指

ブラッシングはただ磨けばよいというものではありません。
多くの方は「磨いた」という事実だけで満足してしまい、肝心の「汚れ」はほとんど落せていないものです。

そのことをしっかりご理解いただくために、当院ではPRC(プラークコントロールレコード)という取り組みを行っています。これは「染め出し」を行い、プラークコントロールがしっかりできているかを評価するものです。

PRC(プラークコントロールレコード)

PCRが0%なら完璧に磨ききれている、100%なら全ての箇所が赤く染まっているということになります。

虫歯・歯周病を予防するには「ご自宅のセルフケア」と「歯科医院でのクリーニング」の2つが柱となります。この両輪のどちらか一方が欠けてもNGです。

適切なブラッシング指導、そして補助ツールの「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」の適切な使い方もしっかりとお伝えさせていただきます。

  • デンタルフロス
  • 歯間ブラシ

コラム 虫歯や歯周病によって歯を失うことで生じる「経済的損失」

8020達成者(80歳になっても歯が20本以上残っている方)は、そうでない方の入院医療費の5分の1しかかかっていないという事実をご存知でしょうか。

虫歯や歯周病によって歯を失うことで生じる「経済的損失」

虫歯や歯周病によって歯を失うことで生じる「経済的損失」

上図は何を表していると思いますか?

これは80歳の方に対しての調査で、「歯が20本以上ある方」と「9本以下しかない方(入れ歯もしていない)」で日常生活の自立度を調べたものです。

結果は、「歯が20本以上ある方」の約80%が日常生活を自立して行えており、「9本以下しかない方(入れ歯をしていない)」においては、約20%の方しか日常生活を自立して行えていないことが分かりました。

一般の方は「歯が多く残っているだけで、なんでこんなにも違ってくるの?」と疑問に思われるかもしれません。しかし、皆様が思われているよりも「歯の健康」は「体の健康」に密接に関係しています。
歯を失ったままにしておくと、食べ物をよく咀嚼できませんので、消化が悪くなります。また、噛み合わせのバランスが崩れることで、歩行障害頭痛不定愁訴の原因となるとも言われ医療費の高騰に拍車を掛ける原因となります。

個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • オンライン予約

電話での問い合わせ

058-296-5050

医院の住所

〒502-0827 岐阜県岐阜市平和通り1-1-2

診療時間
09:00 ~ 12:00
14:00 ~ 18:00
    ※休診日:水曜日、日曜日、祝祭日

このページの先頭に戻る