「口腔外科医」による安全インプラント|岐阜市の長良きとう歯科|CT・オペ室完備・睡眠麻酔治療

休診日:水・日・祝祭日

  • メール相談
  • オンライン予約
キービジュアル

何でも食べることができたあの頃に戻りたい……

そのようなご希望に沿える治療がインプラントです。
ご自身の歯と同じように噛むことができるようになります。

「口腔外科医」が責任を持って、オペを担当いたします。

長良きとう歯科のインプラント~患者様から信頼を集めるつの取り組み

院長

インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端 の治療方法であると言えます。
インプラント治療では、歯を失ったところに人工のネジを埋め込み、その上に被せ物を装着することで、本来の機能近くまで噛む力を回復することが可能です。
ブリッジや入れ歯と異なり、周囲の歯に負担をかけることもなく、見た目もほとんど自分の歯と区別がつきません。

また、しっかりメンテナンスを継続することで、10年経過後のインプラントの残存率は95%以上と、他の治療方法と比較しても圧倒的に成功率の高い治療法です。
インプラント治療が現在の歯科医療を大きく変えたといわれているほど、画期的な治療方法であるといえます。

当院で行うインプラント治療の体制をご紹介します。
ご興味があるボタンをクリックし、ご参照ください。

01.「口腔外科医」がすべてのオペを担当します

CT装置

当院では、口腔外科出身のドクターがインプラント治療を行います。
手術で顎の骨にインプラントを埋め込む治療は、高度な知識と技術が必要です。
本来、歯科医師なら誰でもできる治療ではありません。

しかしここ数年、インプラントの人気が高まり、インプラント治療を導入する歯科医院が急増しております。
不勉強な歯科医師による治療によって良好ではない治療経過も報告されています。
インプラント治療の事故は、患者様の健康を大きく損なう場合もありますので、この分野を専門的に行ってきた歯科医師にお任せください。

また、当院には「オペ室」もありますので、大学病院レベルでの体制で治療を安心して受けて頂けます。

オペ

02.「睡眠無痛治療」~筋肉内鎮静法

鎮静

当院での治療は基本的に「局所麻酔(通常の治療で利用する麻酔)」で対応させて頂いておりますが、患者様がご希望される場合、またはドクターが判断した場合は「筋肉内鎮静法」 という麻酔を行います。筋肉内鎮静法とは、全身麻酔に近いにも関わらず身体への負担が少なく、「ウトウト」した状態になり、緊張や不安、痛みを感じないまま治療を終える事が出来ます。この方法を利用した患者様のほとんどが「気づいたら終わっていた」とおっしゃいます。

似た処置として「静脈内鎮静法」もあります。効果は同じようなものですが、筋肉内鎮静法の方が、簡易的で、かつ、効果が持続するメリットがあります。もちろん、副作用や後遺症などありませんし、担当医は「口腔外科」を専攻していましたので、全身管理もしっかり対応できますのでご安心ください。

03.多くのドクターから支持を得ている「インプラントメーカーの利用」

インプラントならどれも同じと思っていませんか?

当院では、世界のドクターが信頼を置くインプラントメーカーを使用しています。
全世界で200種類以上あると言われているインプラントメーカーのなかで、どのメーカーを選ぶかはとても重要となります。

オステム

当院では「オステムインプラントシステム」を利用した治療を行っています。
後発のインプラントではありますが、最新、かつ、それぞれのメーカーのメリットをすべて備えている安心安全なインプラントとなります。

04.安全性を徹底的に追求し「CT」を院内に導入

CT

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。
二次元のレントゲン(歯科医院にある通常のレントゲン)では見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CTなら正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティを高めることが可能となります。

医療において「見える・見えない」は治療クオリティに大きな差が出ます。ましてや外科手術を伴うインプラントにおいてはなおさらです。これまでのインプラント事故は、ドクターの未熟が大きな原因を占めますが、CT撮影を行わず、あいまいな状態で(二次元レントゲンのみの診断)オペを遂行したことにより生じてしまった事故もあります。

インプラント手術においてCT撮影は必須です。CT撮影を行うか否かも医院を選ぶうえでの判断材料にしていただければと思います。
当院では院内に高性能のCTを設置しております。

院長からのメッセージ

インプラント治療というと、「歯を失った場合の1つの選択肢」というイメージがあると思います。決して間違いではありませんが、歯科医師の立場から皆様にお伝えしたいことは、インプラント治療は「お口の健康維持(=予防処置)」に通ずるということです。

歯を失った場合の選択肢として「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。
入れ歯の場合、入れ歯を安定させる為に金属のバネを他の健康な歯にひっかける必要がありますので、入れ歯の状態によっては健康な歯に負担をかけてしまうこともあります。

院長

また、ブリッジの場合も他の健康な歯を支台とする必要があり、咀嚼の度に健康な歯へ過度の負担がかかることで、負担がない場合と比べ、寿命が短くなる可能性があります。しかし、インプラントの場合は、他の健康な歯に負担をかけることはありません

つまり「他の健康な歯を守る」という意味で、インプラントは予防処置といえます。

また最近は、物をしっかり噛むことで脳に新鮮な血液が行き渡り、「認知症の予防」になるという研究結果が出ています。

この意味からも、インプラントは「自立した人生を送る」ための予防処置と言えます。

個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • オンライン予約

電話での問い合わせ

058-296-5050

医院の住所

〒502-0827 岐阜県岐阜市平和通り1-1-2

診療時間
09:00 ~ 12:00
14:00 ~ 18:00
    ※休診日:水曜日、日曜日、祝祭日

このページの先頭に戻る