「若い人にも人気」の目立たない入れ歯(義歯)|岐阜市の長良きとう歯科|コーヌスクローネ・磁性アタッチメント

休診日:水・日・祝祭日

  • メール相談
  • オンライン予約
キービジュアル

最近では若くして歯を失われた方も、
入れ歯を選択することが多くなりました。

その理由は、「入れ歯の進化」です。

以前までは「入れ歯=みっともない」という
イメージがありました。
これは入れ歯を固定する「金属のばね」が
目立ってしまうことが原因でした。

しかし、最新の入れ歯は、
目立たなく」することが可能になっています。

当院では目立たず、しっかり噛める入れ歯を複数ご用意しています。

入れ歯にしたいが、目立ってしまうのが……とお考えの方。
一度ご相談ください。

目立たない入れ歯のご紹介

冒頭でもお伝えしましたが、多くの方は、入れ歯に「みっともない」「目立つ」といった印象をお持ちのようです。しかし最近では「目立たない」入れ歯も開発されていますので、そのような入れ歯をご提供することで、入れ歯によるストレスのない日々を過ごしていただくことができる。これも私たちの喜びです。

当院で取り扱っている「目立たない」入れ歯をご紹介いたします。
目立たない以外にも特長がありますので、それも併せてご紹介します。

若い人も利用する「審美的」かつ「機能性の高い」入れ歯

「審美的」かつ「機能性の高い」入れ歯

自分の歯のように噛め、かつ、取り扱いが簡単な入れ歯

自分の歯のように噛め、かつ、取り扱いが簡単な入れ歯

20代~30代の方も愛用の「審美」「機能性」を追求した入れ歯

よく聞く入れ歯の悩みとして「入れ歯の金属のバネが見えるのが嫌だ」というのがあります。笑ったときに、金属のバネが見えてしまうので、人前で笑えなくなったという方も多いのではないでしょうか。

当院が推奨する金属のバネがない入れ歯(義歯)、「ノンクラスプデンチャー」は、金属バネ部分を、歯ぐきに近い色の樹脂で作ることで目立たなくしています。

  • 治療前
  • 治療後

当院では、「ノンクラスプデンチャー」の中でも特に機能性の高い「バルプラスト」をご用意しております。

バルプラスト

バルプラストはアメリカで50年の歴史があります。
特徴としては、歯の付け根部分にうまくはまり込み、密着します。ナイロンに近い素材のため、滑らかで柔らかく、割れる心配がありません。ただし、入れ歯を入れる隙間が5mm以上ないとできない場合があります。

「自分の歯」のようにしっかり噛める入れ歯

従来までは健康な歯に入れ歯をひっかけるのが主流でした。そのような方法ですと「見た目」が悪いばかりか、入れ歯をひっかけた歯が最終的にはダメになることが多くありました。

しかし、入れ歯は進化しています。

見た目も機能性も追求したい方には、「コーヌスクローネ」そして、「磁性アタッチメント義歯」をお勧めいたします。

「コーヌスクローネ」とはドイツで開発された特殊な入れ歯です。残っている天然の歯に金属の被せ物をかぶせ、その上から入れ歯を装着するというタイプの入れ歯です。コーヌス義歯は「金属のバネ」自体がありませんので、他人から入れ歯をしていることを知られる心配は一切ありませんし、「痛い・噛めない・はずれる」ということもありません。

  • 治療前
  • 治療後

このコーヌス義歯は非常に高度な技術力や経験が必要とされる治療方法のため、日本で導入している歯科医院はまだまだ少ないのが現状です。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯」とは、入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることにより、入れ歯をしっかりと安定させ、ものを噛む力を高めることができます。
患者様が自由に取り外しできるためメンテナンスが非常に簡単です。

「痛みのない」入れ歯

コンフォート

当院では「コンフォート」と呼ばれる入れ歯で痛くない入れ歯をご提供しています。原理としては「生体用シリコン」という特殊な弾性のあるゴム質の素材を、入れ歯の内側に貼ることで痛みをなくします。「無痛」入れ歯と呼ぶことができるぐらい痛みはでません。

顎がやせてしまってまっ平らになっていたり、いつも痛みがなかなかとれず満足できなかった方にお勧めです。これを活用することで、入れ歯がより一層密着するようになり、はずれにくく、噛む力が2倍になるといわれています。

その他、見た目の美しさ、その人らしさを演出する取り組み

歯は皆様が思われているよりも「個性」があり、その方にあった「形態・色」が存在します。
そして、その個性を最大限表現することで、あなたの理想の口元に可能な限り近づけることができます。

分かりやすい例として「歯の形態」の違いよる印象の変化をご紹介します。

ナチュラル型

ナチュラル型

日本人に多いタイプで、前歯の先端が直線上にある歯と、ない歯とが混在しています。最も無難で自然な歯並びです。口を小さく見せる効果もあり、若々しい印象を与えます。

ストレート型

ストレート型

白人に多いタイプの歯並びで、前歯の先端がすべて直線上にあるので、口元をくっきりと強調することができます。

クローズ型

クローズ型

日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端はすべて直線上にありますが、歯と歯に多少の重なりがあることが特徴です。女性的な印象をもっと強調したいという人に向いていると言われます。

スマイルライン型

スマイルライン型

下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。
世界的に好まれる並びで、ハリウッドスマイルとも呼ばれています。

院長

このように「歯の形態」の微妙な違いによって、その人の印象を変えてしまう事があります。

また、色に関しましても、お洋服と同じように人によって似合う色、似合わない色が存在します。その方に適した配色にすることで目や肌を美しく見せることができるのです。

当院では、患者様一人一人に話を聞きながら、その方の悩み、そして個性をしっかりと把握し、入れ歯を作製しています。

担当医からのメッセージ

私は、長年、入れ歯治療を追及してきました。

その結果「人のお口の中は十人十色。そのためひとつの治療方法に頼るのではなく、一人ひとりのお口の状態に合わせ、様々な検査や治療方法・技術を組み合わせて入れ歯作りをする必要がある」と痛感しています。

患者様のお口の中は、噛み癖、咀嚼筋群、上下の顎の位置関係、顎関節の状態・症状など、複雑な状況が絡み合って機能しています。

それらを考慮して入れ歯を製作しなければ、いくら見た目が良くても噛めない、痛い、落ちやすい、発音しにくい入れ歯になってしまいます……

担当医からのメッセージ

また「合わない入れ歯」を使い続けることで、歯の問題だけでなく、全身の健康に関わる症状の発生リスクが高まるという事実が次々と明らかになっています。

こうしたリスクを取り除くため、当院では、ただ入れ歯というモノを作るのではなく、お口の中の噛み癖、咀嚼筋群、上下の顎の位置関係、顎関節の状態・症状などの生体機能を総括的に捉えた上で、入れ歯の製作を行います。

また、部分入れ歯の場合、他の歯が抜けた時のことも考慮した設計を心がけていますので、できるだけ長期に使える設計をしています。「せっかく慣れた入れ歯だったのにもう使えないの?」とはなりません安心してください。

私は、入れ歯で困られていた方が、治療後に喜ぶ笑顔を見たい一心で入れ歯を作っています。
日々の研究を怠らず、まずは、患者様のお口の中の状態をしっかりと精密に把握すること。そして、真剣に患者様と向き合うこと。

これが当院の入れ歯作りに対する姿勢です。

個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • オンライン予約

電話での問い合わせ

058-296-5050

医院の住所

〒502-0827 岐阜県岐阜市平和通り1-1-2

診療時間
09:00 ~ 12:00
14:00 ~ 18:00
    ※休診日:水曜日、日曜日、祝祭日

このページの先頭に戻る