人気・評判の無痛・削らない「虫歯治療」|岐阜市の長良きとう歯科

休診日:水・日・祝祭日

  • メール相談
  • オンライン予約
キービジュアル

当院では患者様の精神的・肉体的負担を最小限に抑え、
そして、「歯の寿命を可能な限り延ばす治療」を行っています。

モットーは「痛みを抑え」「削る量を最小限に」「神経を守る」治療です。

あなたにとって、重要視したいことは何ですか?

虫歯治療は「痛い」「歯を削る」治療が伴います。
当院ではこれらのことを、可能な限り負担を少なく、そして最小限で対応しております。
下記項目で興味があるボタンを押してご確認下さい。

自信があります!-可能な限り「痛みを抑えた」虫歯治療

昔と違い、「虫歯治療は痛みがつきもの」という時代ではなくなりました。
当院では痛みについて研究し、可能な限り痛みがでない方法で治療をしています。
また治療中の痛みはもちろん、麻酔注射をする際の痛みまでも当院では工夫しております。
具体的にどのような処置をすることで痛みを抑えているかをご紹介します。

「表面麻酔」を使用

Step1「表面麻酔」を使用

多くの患者様が最初に嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。
しかし、その痛みも、事前に注射する箇所に表面麻酔と呼ばれる麻酔薬を歯肉にしみこませることで注射時の痛みを無くします。
多くの医院では、この処置をせずに麻酔を打つことが多くあるため、虫歯治療=痛いの原因になっています。

「極細の針」を利用

Step2「極細の針」を利用

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
当院では現在発売されている中で最も極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

「電動麻酔注射」の活用

Step3「電動麻酔注射」の活用

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となります。そのため、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切になります。
そこで当院では注入速度を機械制御する「電動麻酔注射」を導入し、常に一定の速度を保ちゆっくりと注入することで、痛みを最小限に抑える工夫をしています。また、ケースによっては手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と「手動」を併用しています。

材料や機械の他、術者のテクニックも重要となります。
当院での無痛注射は自信があります。多くの患者様から「いつ注射されたのか分からなかった!」と評価もされていますので、「痛み」が苦手でなかなか歯医者に行けない方、一度ご相談ください!

歯科恐怖症の方へ|「怖くない・痛くない」処置

2ショット

当院での治療は基本的に「局所麻酔(通常の治療で利用する麻酔)」で対応させて頂いておりますが、患者様がご希望される場合、またはドクターが判断した場合は「筋肉内鎮静法」 という麻酔を行います。筋肉内鎮静法とは、全身麻酔に近いにも関わらず身体への負担が少なく、「ウトウト」した状態になり、緊張や不安、痛みを感じないまま治療を終える事が出来ます。この方法を利用した患者様のほとんどが「気づいたら終わっていた」とおっしゃいます。
似た処置として「静脈内鎮静法」もあります。効果は同じようなものですが、筋肉内鎮静法の方が、簡易的で、かつ、効果が持続するメリットがあります。もちろん、副作用や後遺症などありませんし、担当医は「口腔外科」を専攻していましたので、全身管理もしっかり対応できますのでご安心ください。

長良きとう式-可能な限り「削らない」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。
そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。そのため当院では、可能な限り「削らない」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。本章ではどのようにして可能な限り「削らない」を実行しているのかをご紹介します。

取り組み1「高倍率拡大鏡」による視野拡大

「高倍率拡大鏡」による視野拡大

歯を削る量を最小限に抑えるために一番大切なことは、治療部位をしっかり確認できることです。歯の治療は非常に繊細を極めますので、ミクロン単位での治療精度が求められます。

そこで当院では「肉眼」での治療ではなく、高倍率拡大鏡と言われる視野拡大機器を利用し「可視化」した状態で治療を行います(利用しないケースもあります)。

ルーペ

下の画像をご覧ください。

  • 肉眼
  • 拡大鏡

これは、「肉眼」と「拡大鏡」の視野を比較した画像となります。
左の画像が肉眼、右の画像が拡大鏡の視野です。どちらの方がより精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。

取り組み2虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを青く染める薬剤です。
虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分をしっかり除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。
しかし、この方法では、感染部位を正確に除去することはできませんし、場合によっては、健康な歯まで削ってしまうこともあります。

しかし、このう蝕検知液を使うことで、感染した部分が青く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

取り組み3 削る量を最小限に抑える「5倍速コントラ」「スプーンエキスカベータ」

5倍速コントラ

歯を削る量を少なくするため、「5倍速コントラ」を利用します。これは回転数が少ないため、削る際の「ブレ」を抑えることができ、削る必要がある部分だけをしっかりと削ることができます。また、通常の「タービン」よりも音が静かなので、患者様から好評を得ています。

そして、「機器」だけではなく、「手の感触」で虫歯の状態を確認しながら削る工程も踏んでいます。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

スプーンエキスカベータ

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。通常この部分は機器(ドリル)を利用し、時間短縮も兼ねて一気に削ります。しかし当院ではドリルだけで済ますことはしていません。何故なら、ドリルを利用することで、健康な歯まで削ってしまうことがあるからです。
そのため、ある程度はドリルを利用しますが、最後はスプーンエキスカベータを利用し、手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め、感染部分の除去を行います。
通常よりも少し時間はかかってしまいますが、「健康な歯を可能な限り残す」という当院のこだわりとお考えください。

取り組み4コンポジットレジン治療|1日で治療が終了し、かつ、白い素材

最近ではコンポジットレジンを利用した治療法を選択される患者様が多くなりました。

  • 症例1
  • 症例2

一般的に虫歯治療の際に利用する「詰め物」は銀歯をイメージされるかと思いますが、当院では銀歯の他、白い素材のコンポジットレジンを患者様にお勧めしています。
その理由は下記になります。

  • 銀歯よりも歯を削る量を少なくできる
  • 白い素材なので銀歯と比べ見た目がいい
  • 1回の来院で治療が終了

コラム 虫歯を「再発させない」取り組み

他院で治療をうけた患者様から「せっかく虫歯治療をしたのにまた再発してしまった」という話をよく耳にします。再発してしまったということは、また治療を繰り返すことになりますので、ますます歯が削られてしまいます。

歯は削れば削るほどもろくなり抜歯へと近づいていきますので、削る範囲を最小限に抑えること。そして虫歯を再発させない治療を行うことが大切となります。
本章では当院が行っている虫歯を再発させないための取り組みをご紹介します。

「細菌レベルでの検査-位相差顕微鏡」

位相差顕微鏡

虫歯は感染症ですので、いくら削ってもそもそもの原因となっている「細菌」へのアプローチがなければすぐに再発してしまいます。

そのため当院では「細菌レベル」での検査をし、まずは原因菌の特定、そしてその菌への効果的なアプローチ方法を探っていきます。

細菌レベルで検査を行うために、当院では「位相差顕微鏡」というものを利用しています。
これは特殊な顕微鏡で細菌の活動性や種類をチェックする専門機器です。
患者様に「菌の存在」を理解して頂くほか、どのような治療法が効果的なのかの判断材料にします。

特定した細菌へのアプローチ―殺菌水

殺菌水

細菌検査で特定した原因菌に効果的な殺菌水(EO水)を治療で活用していきます。殺菌水は原因菌の数を限りなくゼロに近づけることができます。また、継続使用することで、虫歯の圧倒的な予防となります。下の画像は治療前と治療後の細菌数を表現したものとなります。問題となっている細菌が明らかに減っているのが分かると思います。

  • 治療前治療前
  • 治療後治療後

コラム 虫歯に起因する「口臭」があることをご存知ですか?

虫歯が口臭の原因になることはあまり知られていません。
虫歯は歯を溶かしていく病気ですので、その溶けた歯の歯質が発酵することで口臭の原因となることがあります。対策は虫歯の治療をすることですが、治療したとしても口臭がなくならないこともあります。

当院では、「口臭測定器(オーラルクロマ)」を導入し、口臭専門外来も行っています。
口臭には様々な原因がありますが、この機器を利用することで、「何が口臭の原因になっているか」を突き止めることができますので、口臭でお悩みの方、まずはご相談ください。

オーラルクロマ

市販の洗口剤や歯磨き粉では根本的な解決になりません。
まずは、そもそもの「原因」を知ることからすべてが始まります。

詰め物・被せ物の種類―お好みに合わせて様々な種類をご用意

虫歯治療後に使用する詰め物・被せ物には様々な種類があります。

  • 詰め物
  • 詰め物
  • 被せ物

良く知られているのは、「銀歯」と呼ばれているものでこれは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。詳しくは審美歯科または料金表をご覧ください。

個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • オンライン予約

電話での問い合わせ

058-296-5050

医院の住所

〒502-0827 岐阜県岐阜市平和通り1-1-2

診療時間
09:00 ~ 12:00
14:00 ~ 18:00
    ※休診日:水曜日、日曜日、祝祭日

このページの先頭に戻る