岐阜市平和通りの歯医者「長良きとう歯科」評判・口コミ多数

休診日:水・日・祝祭日

  • メール相談
  • オンライン予約

    ※オンライン予約は当院を受診したことのない方、もしくは検診の方のみ対象となっております
    ※対象で無い方はお電話での予約にて対応しております

tel:0582965050
キービジュアル

抜歯しなくてもよい親知らずとは?

皆さんこんにちは。

長良きとう歯科です。

 

親知らずがお口の中で悪さを始めたら、多くのケースで抜歯が適応されます。

 

そのため、親知らずは4本ともいつかは抜かなければならない、と思われている方も少なくありません。

 

けれども実際は、抜歯しなくてもよい親知らずもあります。

 

真っすぐ正常に生えている親知らず

親知らずを抜かなければならない理由の1つに「生え方の異常」があります。

 

お口の中でトラブルを引き起こす親知らずの多くは、真横や斜めに生えているものです。

 

その結果、清掃性が悪くなるだけではなく、隣の歯の歯根を圧迫するなどして、大きなトラブルを引き起こすのです。

 

そのため、正常に生えていて、トラブルを引き起こさない親知らずは無理して抜く必要はありません。

 

入れ歯やブリッジの土台として使える親知らず

将来、虫歯や歯周病で歯を失った時、入れ歯やブリッジを装着するためには「支台歯(しだいし)」が必要となります。

 

補綴物の支えとなる歯ですね。

 

これは原則的に天然歯でなければ担うことができないため、親知らずもその候補として上がります。

 

そんな入れ歯やブリッジの支台歯として使える親知らずは、可能な限り保存に努めた方がお口全体の健康にも寄与するといえるのです。

 

移植歯として活用できる親知らず

親知らずもかけがえのない天然歯の一つであり、どこかの歯がダメになった際には「移植歯(いしょくし)」として活用できる可能性があります。

 

そうしたもしもの時のために、親知らずを保存しておくという選択も決して間違いではありません。

 

まとめ

このように、親知らずを抜歯しなくてもよいケースは意外に多いものです。

 

正常に生えている親知らずはもちろんのこと、入れ歯やブリッジの支台歯、あるいは欠損部への移植歯として活用できる道もあるため、できれば保存に努めることが望ましいといえます。

 

当院では歯科用CTによる精密診断などを実施することで、親知らずを残せる選択肢も追及いたします。

 

個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • オンライン予約

電話での問い合わせ

058-296-5050

医院の住所

〒502-0827 岐阜県岐阜市平和通り1-1-2

診療時間
09:00 ~ 12:00
14:00 ~ 18:00
    ※休診日:水曜日、日曜日、祝祭日

このページの先頭に戻る